プロジェクトリポート2014


レバノンのシリア人とパレスチナ系シリア人の難民家族への救済支援 (2014-07-07)

けている人の75%以上が女性と子どもである。男性は残って戦ったり、家族を守れないことを恥じて逃げることが多いからである。

追加情報

現地支援団体のPARDはレバノンの非営利の民衆に根ざしたNGOで、限界地域の弱い立場の人たち、特にパレスチナ人のキャンプや集合地に住む人たちの社会、健康、環境の状態を改善することを、主に水と衛生に関する計画や母子のケアサービスを通して、また若者や地域のコミュニティの力を強化することにより実現することを目指している。PARDはまた、危険な状況で苦しんでいる人々に支援と安心を提供する。1985年にボランティアのグループによって「リリーフ・エイジェンシイ」という名前で設立された。

成果

PARDは400家族に400の衛生キットを配布し、400人の女性に144の衛生改善と健康教育のセッションを行い成功した。この講習はアタマジラミ、疥癬、下痢、個人の衛生と公共衛生に関する知識について行われた。難民家族を受け入れた家族も、キットが分配されて恩恵を受けた。知識を学ぶ講習のおかげで受講者はキットの中身を正しく効果的に使うことができた。この知識は受講者に定着し、今では多くの病気を避ける方法を知っているので、さらに健康になるように行動していくだろう。 

ペシャワール地方のキャンプから離れた場所に住む高齢者、障害者、未亡人の国内避難民に水、衛生、健康のサービスと社会心理的な支援を提供 (2014-06-01)

うな家族やコミュニティの他のメンバーが理解を深め、家族の高齢や障害のあるメンバーに備えられるように細やかな神経を育むトレーニングを行う。      

追加情報     

ヘルプエイジは、高齢や障害のある人に人道主義的な対応をすることを唱道しているパキスタンの主要な組織である。2005年のカシミールの地震の後にパキスタンで設立された。それ以来高度の資格を持った技術スタッフのチームが、緊急事態に直面した高齢者のため、また災害時に備えた活動で仕事をしてきた。ヘルプエイジは人道主義の活動家や政府の組織の中で、緊急時の高齢者や障害のある人の弱さに関して意識を高めてきた。

成果

RIJの寄付でHelp Ageは、1,520人の高齢者、84人の障害のある人、92人の未亡人、8人の孤児の、合計1,704人の弱者である国内避難民に援助ができた。Help Ageは、最初の予算は600個だったが900個の衛生キットを配り、また社会心理的カウンセリングも行った。カウンセリングが必要な人には個人、家族、又はグループで行った。また意識高揚のセッションが111人の人道主義の活動家に対して開かれた。ワークショップでは「高齢者の弱さ」、「緊急時の弱者」、「高齢者との会話」やその他多くの問題について扱った。Help Ageはこのプロジェクトの実施中、受益者の5%は必ず受け入れコミュニティ出身者とし、コミュニティの弱者の緊張を減らし彼らの生活を改善した。参加者は、今までより清潔で自らの健康に気をつけ、人間としての尊厳を新たに持つことができたと報告した。


未来の構築:薬物中毒防止と支援のためのコミュニティ用のマニュアル (2014-05-07)

このプロジェクトでは、タイービルマ国境に住む難民コミュニティのメンバーと、ミャンマーとも言われているビルマ国内で最終的に国内避難民となった人に、薬物中毒防止と支援に関しコミュニティでのトレーニングマニュアルを提供する。マニュアルは、10年以上前に地域の難民コミュニティのメンバーにより準備され教えられてきたDAREの以前のものを最新のものに修正した。 以前のマニュアルとDAREのプログラムは、ビルマと東南アジアの避難民コミュニティの多くを襲った薬物中毒危機と闘うのに役立ったことが証明されている。この最新のマニュアルは、中毒の危機に瀕している今、活動の区域を広げ、よりきめ細かい治療と教育を行うというDAREの目標にとって極めて重要だ。...

人権のトレーニング (2014-05-07)

している。

追加情報    

2011年にビルマ政府といくつかの少数民族のグループは、約60年にわたる紛争の後休戦に合意した。休戦はビルマ内や他の国でかなり楽観的に受け取られたが、その関係はなお厳しい状態で、難民の多くは現在の比較的安全な所を離れて、元の脱出した場所に戻ることに躊躇している。

2002年以来KSDCは、毎年決まって増える学生のために養成コースを行ってきて、昨年は33人の新しい卒業生を出した。過去11年にわたりKSDCは難民コミュニティのために241人の活動家を養成した。多くの活動家がKSDCのカリキュラムをカレンニ州のコミュニティに教えるために、個人的な危険がある中、ビルマに戻ってきている。

成果

SDCは48人の卒業生に基礎コースの研修を、16人の学生に上級の研修を行った。学生は人権、ジェンダー、環境問題などの授業を受け、フィールドワークやインターンシップも終了した。SDCは自由で公正な選挙キャンペーンも実施し、参加者に公正な選挙の実践や市民の国政参加権について教えた。指導者たちは300人以上の人に直接会って1,200のリーフレットを配った。

SDCにとって残念なことは、大きな突発的な洪水が起こり、2つの教室が壊れ、2つの寄宿舎は損傷し、多くの教材は使えなくなった。洪水の後、教室や寄宿舎を立て直すことができ、学生はその学年のカリキュラムを終えることができた。このコースの終了時に、カレンニ州は何十人もの新たな社会活動家を得て、一般住民は自分自身の権利の知識を増やした。

難民女性と子どもに持続可能な力をつける (2014-04-01)

このプロジェクトは、南アフリカ、ヨハネスブルグのBienvenu Shelterの女性が、仕事を見つけたり、小規模ビジネスを始めるために役立つ技術とビジネスの知識を提供する。 RIJの資金援助で、12ヶ月の裁縫技術のトレーニングを援助し、それにより女性は技術を高め、英語やビジネスの知識も向上させることができる。 またプロジェクトリーダーはBienvenu Shelterやコミュニティの住民に子どもの保育支援をする。そのため、より多くの女性が裁縫プログラムに参加できることになる。全体として裁縫プロジェクトは、将来に希望が持てるようになるために役立つ技術を教えることでBienvenu Shelterの140人の女性に直接的な利益を与える。  

Bienvenu...