プロジェクトリポート2013


グリーン・ファーマーズ宮城(東北地方) (2013-12-20)

リーンファーマーズは、今ではおみやぎビジネスのような企画で、地域への「被災地観光」も増えて利益を期待することができる。グリーンファーマーズは、また、今年は地元で作られたキムチ(普通は韓国製)の需要が増えるだろうと信じて、RIJの支援金を使ってキムチ作りを始める。 

とりわけRIJからの支援金は、グリーンファーマーズの2つ目の野菜加工センターを作る支援になる。そのセンターはキッチンと作業場が一体化したもので、地域のボランティアがパンなどを焼いたり、地域のホテルや種々のビジネスで売るお土産を準備する。またRIJの支援金は事業所の車の購入の1部として使われるが、それによりプロジェクトの責任者が効率よく活動でき、リースや外部の組織からの寄付に頼らないですむようになる。またプロジェクトリーダーは、RIJの支援金を使って、2つ目の野菜加工センターから提供を受けた新たな場所で、農場から市場までのキムチ製造を始める予定である。

追加情報  

2011年3月、日本、特に東北地方は経済被害という点で記録史上最悪の被害をこうむった。南三陸などの町は巨大東北地震に続いて起こった津波でほとんどすべて破壊し尽くされた。多くのグリーンファーマーズプロジェクトのリーダーと OGA for Aidのメンバーは、緊急支援をするため数週間の内に南三陸に行った。今も町の再建援助のために何人かが残っている。 RIJは前にグリーンファーマーズの最初のプロジェクトの農業計画に支援金を提供し、その成功を見てうれしく思っている。

成果
RIJはこのプロジェクトで、これまでとは違った形の支援をした。これは、RIJができる最善のこと、困っている人への支援、をする必要性からだった。

グリーンファーマーズ・アソシエーションは農業に重点を置き、これまで東北地方で中心になっていたにもかかわらず、支援がないため遅れている地域を選んだ。プロジェクトで、今は利用できるようになった地域住民に、安く売って新鮮で栄養価の高い食物を供給できるような野菜の栽培が可能となる農業をすることと、土地を元に戻してきれいにし、再出発できるようにした。雇用や生産能力が高まりビジネスができるようになった。

レバノンのシリア人難民家族とパレスチナ系シリア人難民家族への救援 (2013-10-01)

。この闘争のため200万人以上がすでにシリアから逃げ、ほとんどの人がレバノン、ヨルダン、イラク、トルコに行った。さらに400万人が国内避難民となっている。この闘争の前に約50万人のパレスチナ人が、長年続いているイスラエルーパレスチナ紛争のために、シリア内で難民として登録された。国連役員トップのジェフリー・フェルトマンは、現在続いている紛争のためシリアのパレスチナ人難民が極端に被害を受けていると強調している。

成果
このプロジェクトで400家族に衛生キット、難民家族のために250のベビーキットを配布するのに成功した。数人の女性はキットは大変役に立ち、子どもや家族の他のメンバーも健康や生活基準を改善できたと言った。

キット配布のほかにPARDは、地域で養成された人を使って3つの異なった地域の400人の女性に健康教育講座を開いた。

キットをもらった家族が利益を受けたばかりでなく、難民家族を受け入れている家族がいる地域のコミュニティも恩恵を受けた。

ベビーキット、カレン州 (2013-09-20)

Oからカレン人女性によって配布されることになる。

追加情報

RIJ(国際難民支援会)は2002年、KWOのベビーキットプロジェクトが始ってから一貫してそれに資金を提供してきた。 KWOはベビーキットプロジェクトを最初タイービルマ国境の難民キャンプで始め、後に2003年9月ビルマ内のカレン州で行った。近年はこのプロジェクトで約6,000個のベビーキットを新生児の母親に提供してきた。

KWOは1949年に創設され、カレン人女性のコミュニティベースの組織で、タイービルマ国境沿いの難民キャンプで成長と安らぎを提供し、ビルマにいる国内避難民に関わって活動している。1949年の創設以来、KWOは社会福祉に焦点を置くのはもちろん、コミュニティの意思決定と政治のプロセスへの女性の参加を促進することで、女性の権利意識を高めることに努めてきた。

2012年1月にカレン民族同盟はビルマ政府との停戦にサインしたが、それはカレン州での約半世紀にわたる戦いの終結を求めてのことである。しかし停戦にもかかわらず、多くのビルマ軍がカレン州に残り、政府は権力を強化し続けている。その結果戦争再発の恐れはかなり高く、カレン人コミュニティは非常に困難な状態の中で暮らし続けている。

成果

KWOは、すでに購入し次の月に配布するため残してあった5,384個のうち5,186個のベビーキットの配布を成功のうちに終えた。割り当てられた200キットのうち162個がイフツフタ(EeHtuHta)国内避難民キャンプで配布された。ベビーキットの健康手引きは再検討され改良され、父親へのメッセージも付け加えられた。

キット配布に加えて、KWOのスタッフと一緒に8ヶ所へ成果のチェックのために出かけ、直接母親たちに会ってキットについて話し合い反応を聞き取った。

ケーススタディ
「ベビーキットを受け取ると健康の手引きが入っていて、生まれた赤ん坊に与えてはならない食物、また初乳の大切さとそれを赤ん坊に与えなければならない、ということを知った。これまでこういうことは全く知らず、初乳を赤ん坊に飲ませたことはなかった。」    


再定住地域でプレスクールの先生のディプロマコースのサポートプログラム  (2013-07-31)

、参加者の大多数は女性だ。このプロジェクトは先生を訓練して、スリランカの国の基準まで先生が到達できるよう保証して持続可能な教育を促進する。

追加情報

スリランカの内戦は30年近く続き、推定で8万~10万人が死んだ。2004年にインド洋津波が国を襲いさらに大きな被害を受けた。敵対する政府軍とLTTEの間で合意していた停戦が徐々に破られ、スリランカ軍は2008年9月から軍事攻撃を始め、やがて2009年5月に政府軍はLTTEに勝利した。内戦は終わったがスリランカの多くの地域は今なお非常に疲弊している。

このプロジェクトはワールドビジョン・ジャパン(WVJ)が始める。WVJは1991年10月からスリランカの発展を支援していて、主に国の南部と東部の地域で多くのプロジェクトを始め成功している。

成果
位コースに参加した114人の先生のうち、89人が試験に合格し、1、2学期を終えた。その学期には児童心理から創作にわたるコースがあった。
多くの先生は能力を高め、そのコースを受けて、引っ込み思案の態度を克服したり、リーダーシップのスキルの向上を直接学べたと感じた。
コースの後先生たちは、理論を学ぶ大切さに気付かされ、心理的な問題を抱えている子どもを見極め、助けることができると言っていた。

 

 

ケーススタディ
M. Malarchelvy(39歳)はRIJの支援で学位コースを終えた幼稚園の先生である。彼女はスリランカのムライティブ地方のマリティメパトゥで15年間同じ幼稚園で仕事をしてきた。 「私たちが学位コースで習ったことを幼稚園で実践し始めると、子どもたちも極めて明らかな変化を示し始めました。小学校の先生たちや校長先生からも反応がありました。先生たちは驚いて次のように話しています。「今年入学した子どもたちは以前の子どもたちとは大変違っています。子どもたちはとても活発で積極的で反応が速く情緒的にも安定しています・」


人権を学ぶトレーニングコース (2013-07-20)

を高める日常英会話やコンピューターのクラス

・ラジオ、電信、電話などの無線通信、印刷物、インターネットからのニュースで知る、ビルマ、タイ、難民、国際上の人権に関する現在の出来事や情勢

 学生は地域のコミュニティベースの組織で働く技術や能力を高め、KSDCとコミュニティで全体的な継続性を高めるため、以前の卒業生と密接に連携して活動する。

追加情報

KSDCのトレーニングスクールは、2002年から2013年までにすでに179人の人権と環境の活動家を輩出してきた。多くのSDCの卒業生は、女性組織、青年組織、キャンプの運営、正義や他の人権や環境の組織のようなコミュニティベースの組織に関わって活動してきた。また、カレンニ人が直面している人権や環境乱用に関する情報を集めるため、今も危険な状態のカレンニ州に戻って来た人もいる。

成果

カレンニ・ソーシャルディベロップメント・センターは、キャンプ内で法律、人権、環境の分野で3つの基本コースの実習を行い、35人の地域住民がコースに通い成功のうちに終えた。参加者は、得た実践や知識は役に立ったと意見を述べ、さらに上級の実習をしてほしいとSDCに要望した。

基本の実習に加えSDCは、2013年の12月に修了した全15人の学生に4つ目の上級コースを開いた。このコースもフィールドワークやレポートを書くこと、そして学生がディベートや競技会に参加できるいくつかの催しが年間を通してあった。

「私はこういう項目や事例を運ぶ手順について何も知りませんでした。このコースを勉強している時に、手順や、起訴する側と告訴された側に平等に意見を述べるやり方を学びました。もし私のような人が将来弁護士になったら、学んだことは平和な将来を築くのに大変役立つと思います。」 SDC学校の学生

未来の構築のトレーニング (2013-06-01)

ちを支援して、彼らが20人の若い依頼者とその家族のために、実践で指導を受けた経験をふまえて身に付けた理論を治療のサイクルの中で実践できるようにする。薬物の活動家になるための選考プロセスは非常に徹底していて、個人的に家族または隣人を通して薬物濫用に巻き込まれた候補者が優先される。別の必要事項は、訓練を受けた人はビルマに行きそこのコミュニティに関わって活動し、DAREのビルマでの薬物問題の支援という長い期間の目標に関わって仕事をする意思があることである。

追加情報

DAREネットワークは12年間、地方の少数民族のコミュニティに関わって活動してきている。目標は、タイービルマ国境で薬物濫用の問題に取り組むため、薬物に関する意識を高め、協力し合える民族の文化に合った方策を作り出すことである。RIJは8年間この活動を支援している。

薬物とアルコール依存の治療のサイクルは薬品に頼らないもので、民族の文化に合ったさまざまな治療法と共に、ビルマの薬草、針療法、薬草風呂、昔からの言い伝えを使うものである。HIV/エイズ教育も治療のプロセスの1部である。再発しない割合は北アメリカでこの2年で20~30%に対し、この地域ではこの10年で63%である。

成果

DAREは、3人のマスタートレーナーを実習期間も含め養成し、そのことはキャンプの内外で組織の役割を増している。 DAREはまた5か所の難民キャンプから22人の新たな薬物中毒に関する活動家(トレーナー)を養成した。これらの活動家は理論的で実践的な活動により知識を得て、今はキャンプで他の人たちに中毒を防ぐ方法を教えることができる。

さらに18人の新しい患者が治療を完了した。

「私は一生薬物とアルコールに手を出さないと決め誓っています。治療を終えたら妻についていき、ずっと共に働き心地よい家庭を作り過ごすつもりです。」

環境保護プロジェクト (2013-02-01)

世帯が作った植林地や果樹園や菜園の経過をモニターし追跡調査する。また、コミュニティを支援して、彼らの生計を高めるために、新式のミツバチの巣箱、養蜂場の管理に関するトレーニング、宣伝や販売に関する情報を教える。

追加情報

ルセラン・ワールド・ファウンデーション(LWF)は、キトグムとラムウオー地方のコミュニティで帰還を成し遂げる手段として、人々の生計を立て直す支援をしてきている。 20087月から、LWFの環境保護プロジェクトは、コミュニティを支援して生れた村や避難民のいる地で様々な事業へ投資する人やグループの資金力をつけることで、劣化した環境を取り戻していけるようにしている。RIJ2008年からLWFと共同で活動しこの分野の活動に資金援助をしている。

ウガンダでは、農村世帯の約97%は送電による電力が受給できないのでエネルギーをバイオマスに頼っている。ウガンダの森林は現在年2%の驚異的な率でなくなりつつあり、この20年で国の森林のほぼ3分の1が失われた。国連食糧農業機関(FAO)は、もし現在の環境劣化が好転しないなら、ウガンダの80%以上が50年足らずのうちに砂漠になりうると警告している。

成果

このプロジェクトで14の小学校の26人の先生を、野菜の生産や植林とその管理に関して講習を行った。先生たちは得た知識を使って学校の樹木栽培用地、果樹園、菜園を作って、学校のエコクラブがその世話をした。エコクラブには560人のメンバー(男生徒288、女生徒272)がいた。

さらにこのプロジェクトは10家族を支援し、2匹の豚(雄と雌)を提供し豚舎の管理と生産について実践を通して教えた。 

「私は1匹の豚を縄でつないでいましたが、実習の後は豚舎を作りました。さらに3匹の豚を買いました。家族がこの計画を支えてくれ、豚にえさをやったりするのをいつも手伝ってくれました。」 オビタの話 


さらに10人が養蜂の実習を受け、はちみつの採取の技術、それを商品化し販売すること、養蜂に影響を及ぼすよく起こる問題、環境保護の実践について習った。彼らはミツバチの巣箱と採取する用具一式を援助してもらった。 

「私は地域の市場で5kgの未精製の蜂蜜を売り、子どものために本を買いお金の一部を家庭の必需品のために使いました。」定期的な家庭訪問時のオドングの話